Share
Englishen
日本 タイ国際共同製作映画『アリエル王子と監視人』“Hand in the Glove”
news

新着情報



Share


熊本で発生した大地震により甚大な被害を受け、いまも大変困難な状況におられるみなさまに哀悼の意を表するとともに、一刻も早く穏やかな日常が戻ることを心よりお祈り申し上げます。
 
 
私たちが制作した日本タイ国際共同製作映画『アリエル王子と監視人』“Hand in the Glove”は、全編熊本を舞台にしたロードムービーです。熊本の魅力をタイの方々へ、そして世界の方々へ発信し、熊本に来てほしいという想いと共に、2014年に日本とタイのクリエーターが共同で制作をした作品です。

撮影にあたって、熊本市役所のみなさまの全面協力のもと、熊本県からの支援、そして地元の大勢のみなさまに多大な応援を頂き、無事に映画を完成することができました。完成した映画は、タイでの約1ヶ月にわたる公開をはじめ、日本各地の劇場での公開、フィリピンやバングラデシュの映画祭への招待など多くの方々にご覧頂くことができました。
 
2年前の熊本の暑い夏に、約1ヶ月間にわたり映画制作チームは熊本に滞在しました。市内各所をはじめ、阿蘇や天草など様々な場所をめぐりました。その中で出逢った美しい熊本の風景、偉大な歴史、何気ない日常の光景、そして熊本に暮らすみなさまのあたたかさ。決して忘れることはありません。映画を通じて生まれた人とのご縁、熊本とのつながりは、私たちチームにとって何よりも大切なものです。
 
 
いまこのようなつらい出来事が起こり、あの美しい熊本の街並みが傷つき、そして熊本のみなさまが大変な困難に直面している状況を見て、とてもショックを受けています。

私たちに今できることは何か。
話し合っても、何をすることが正しいのか、役に立てるのか、正直答えは出ませんでした。ただ何か行動をしたいという想いはみんな同じでした。私たちが今できることは何か、そう考えた上で、まずは動いていこうと思います。


 
本日より映画のオフィシャルサウンドトラックを、SoundCloudにて無料公開します。音楽を手がけたLow High Who?プロダクションさん、アルバムに参加してくれたアーティストのみなさんも私たちの活動に賛同してくれました。

このアルバムは映画制作にあわせて、参加アーティストそれぞれが熊本への想いを楽曲に込めて制作されています。美しい風景や日常、人のエネルギーやぬくもり、そんな私たちが大好きな熊本の姿が、音楽を通じてひとりでも多くの人に伝わることを願いました。

そして今後このアルバムの売上はすべて、映画制作によってご縁が生まれた熊本市役所に寄付し、熊本の復興や人的支援に活用頂きます。もし音楽を聴いて、何か感じていただけましたら、下記のiTunes StoreLow High Who?プロダクションサイトAmazonのいずれかからアルバムをご購入頂き、ご協力頂けるとうれしいです。寄付の用途詳細は熊本市役所と相談の上、決まり次第この場にてご報告いたします。
 


サウンドトラック公開(無料)

ご購入 ※売上のすべてを熊本市役所に寄付いたします


 
正直このような形が良いのか不安はあります。もしかしたら気分を害する方もいらっしゃるかもしれません。ただ私たちは考え抜いた結果、この方法を選択いたしました。SoundCloudなどは海外の方々にも届けることができます。今後タイの映画チームとも連携し、私たちができることを行動していこうと思います。
 
 
最後に。
熊本のみなさま、遠くからにはなりますが、心より応援しています。また熊本でお会いできる日を楽しみしています。
  

『アリエル王子と監視人』(Hand in the Glove)
日本・タイ チーム一同

13071935_995763093822262_1028796198547838873_o


All the people who are suffering serious damage by a major earthquake generated in Kumamoto on April 9th and we show a condolence to who are there and still having very difficult situation for daily life. We pray for all of you to it will calm as soon as possible and coming back heartily.

The movie “Hands in the Glove” was made in 2014 by the team was formatted mix of Thai and Japanese and what all filming were made in Kumamoto. It was because we wanted to introduce how beautiful place Kumamoto is to the world.

During the filming, we were supported by Kumamoto City Government office in many different ways. In those great supports, there were not only just a material supports, there were always warm hearted support of them to all our filming. We could felt their kindness and hospitality for entire production time in Kumamoto. After this film opened, this film was shown at the theater in Thai over a month and all over Japan in 2015. Also, we were invited to go to the film festivals in Philippines and Bangladesh etc. we had numbers of great experience from this filmmaking.

One hot summer day in Kumamoto, almost 2 years ago, whole crew spent the time in Kumamoto about a month. During that stay, we all went to visit Mt. Aso and Amakusa area. It was very beautiful, powerful and historical expression, and all Kumamoto people’s relaxing life style… We remember all the great memories just like yesterday. All the relationship between Kumamoto and us is very important more than anything for entire team.

From the past earthquake, the beautiful Kumamoto sites had destroyed and brought sadness to the people who are in the tough situation. We are very shocked seeing all the news about this terrible natural disaster.

What we can do now?
We talked about this over and over. What is the best thing we can do and what will be the best things to do for people in Kumamoto…. Unfortunately, we haven’t found the right answers; however, we are all feeling same way and we decided to start make actions following our hearts what we can and/or should do now.
 


From April 19, we put our movie’s official sound tracks as ‘freely available’ in SoundCloud. The Japanese production company, ‘Low High Who?’ and all the artists in this sound track CD approved for our action.
 
All the music in the soundtrack album were made for the movie as well as the feeling, love and emotions of the artists to Kumamoto. Beautiful daily life, people’s energy had been filling the music. We are hoping to reach out the many people as possible with this music and our love to Kumamoto.
 
We also decided to all the album sales will donate to the Kumamoto City Hall to recover the people and city from now on. If you feel something though the music from original sound track “Hands in the Glove”, please get the CD from any of the sites following this message. We are deeply appreciating your understanding and corporation. We will let you know how our donation goes once it get to Kumamoto City Hall.

We are still not 100% sure this is the best thing we can do for Kumamoto at this moment. Some of you might feel disagree about what we are doing, however, we believe this is one thing that we can make action now from numbers of choices. SoundCloud is available in the all over world. Please take a moment to listen our music. We will keep working and make actions with our film team in Thai and Japan.
 


 
Lastly…
We are all thinking about Kumamoto from the further places. Our heart is always with people in Kumamoto. We are looking forward to see you in Kumamoto sometime soon.
 

Team of “Hands in the Glove” (both Thai and Japan)



Recent news

熊本で発生した大地震により甚大な被害を受け、いまも大変困難な状況におられるみなさまに哀悼の意を表する […]

昨日は、横浜シネマ・ジャック&ベティでの上映最終日でした。 ご来場いただいたお客様、ありがとうござい […]

Japan-Thailand co-production film “Hand in t […]



Share
Englishen