Share
Englishen
日本 タイ国際共同製作映画『アリエル王子と監視人』“Hand in the Glove”
story

ストーリー

Prince Ariel of the Kingdom of Levelle, together with his minder, Chris, visit a Kumamoto hotel for a secret holiday, where Hide, an old friend of Prince Ariel’s father, works as the general manager.

Immediately after arriving, the prince attempts to wander off by himself, but is discovered by Chris and returned to his hotel room.

Struggling with the daily pressure of being heir to the throne, the prince sees the holiday as the perfect pretext to experience “freedom”: meanwhile, Chris demands him act as befits his royal heritage.

However, no stranger to how Ariel must feel.Chris comes up with a plan, and entrusts Hide to find a minder in the form of an approved date partner…

ルベール王国のアリエル王子と付き人のクリスは、お忍びで休暇を過ごすため、アリエルの父の古い友人ヒデが総支配人を務める熊本のホテルを訪れる。

到着早々、勝手に出歩こうとするアリエルだが、クリスに見つかりホテルの部屋に連れ戻される。

日々、王位継承者というプレッシャーと戦っているアリエルは、この休暇にかこつけて『自由』を体験したいのである。

アリエルに王族らしい節度ある行動を求めるクリス。しかしアリエルの気持ちを分からなくもないクリスは一計を案じ、ヒデに監視人=“公認のデート相手”を探すように依頼する。自由な時間と立場を持て余していたリサは、旧知のヒデから臨時監視人を依頼され・・。



Share
Englishen